ZAKI LABO(ザキラボ) Youtubeチャンネルもよろしくね!

HuaweiWatch3 Proは本当に日本で発売されるのか?!購入検討と考察

HuaweiWatch3 Proは本当に日本で発売されるのか?!購入検討と考察

huaweiwatch3pro

HuaweiWatch3シリーズのレビューが海外でそこそこ出てきました。私も買えるようになったら即買おうとGetReadyしまくってます。
毎週からJD.comで先着購入にチャレンジしてるんですがなかなかゲット出来てません。というか瞬殺すぎて買える気がしません。
とりあえず、先に言っておくと今の時点で買おうとしてるのはチャレンジャーでしかありませんね。べらぼうに高いし。得体のしれない新OSベースのスマートウォッチですからw

それでも凸りたいと思えるかっこよさ

スマートウォッチとしては間違いなく超高価格帯に

とりあえず真っ先にぶち当たるのがその価格。価格的にAppleWatchなどと張り合う値段になってしまいました。先行して発売している欧州圏では“付加価値税”が乗っているので、かなりお高いです。

Huawei Watch3 EU圏の価格

Huawei Watch3 €369(49,000円)
Huawei Watch3 PRO(無印) €499(66,000円)
Huawei Watch3 PRO(エリート) €599(79,000円)

という状態。やばくね…??ただし、付加価値税は日本人には適応されないので、もしAmazonEUで買ったとしたら後々返金されるそうです。

EU圏で発売されたデジモノは基本的に”ちょい高め”なので参考価格としては気をつけましょう。

Huawei Watch3 中国内での価格

EU圏で買うのは価格や輸送面で不安なので、狙っているのは中国版です。中国版の価格は以下の通り。

Huawei Watch3 2599人民元(44,000円)
Huawei Watch3 PRO(無印) 3299人民元(56,000円)
Huawei Watch3 PRO(エリート) 不明(発売されてない?)

EU圏より若干安いですが、それでも超高額なのは変わりないですね。また、中国圏ではメタルストラップのエリートVerがまだ発売されていません。
エリート版はメタルストラップの他、ラバーバンドも付属しています。一応Huaweiはパーツだけ買う事も可能なので後々買えるとは思うんですが
メタルバンドはそこそこ高く、今回のメタルストラップ下手したら2万ぐらいするんじゃないかと思っています。
※過去にエリートストラップ単体で買った時は12,000円でした。

HarmonyOSは第3のOSか?価格は妥当?

これまでのHuawei製スマートウォッチの感覚でこの金額を見ると目ン玉飛び出るレベルなんですが
今回のHarmonyOSは、これまでのLiteOSと違い、OSとして一つ上のレベルに上がっていると思います。比べるなればWearOSやWatchOSといった、高度なOSと並ぶ新OSです。Huaweiの新しいエコシステムの始まりとも言えるOSだと思います。

はっきり言って、現時点でHuaweiWatch3シリーズの価格は妥当か?と言われると自信はありませんが、今後の展開によっては間違いなくAppleWatchと並ぶようなモノになるんじゃないかな?と思います。

Huawei Watch3 HarmonyOS及び、日本では使えない機能

Huawei 中国公式サイトでは、各OS毎に対応する機能のリストが公開されています。
こちらが分かりやすいので引用させてもらいます。※機械翻訳で訳したので間違いもあるかも。

参考 Huawei China

HUAWEI WATCH 3シリーズとHarmonyOS電話、Android電話、iOS電話の機能互換性リストは次のとおりです。
HUAWEI WATCH3シリーズ HarmonyOS携帯電話
HarmonyOS2以降と互換性があります
Android携帯電話に対応
のAndroid 6.0以上  
iOS9.0以降
と互換性があります
HUAWEI WATCH3の
バッテリー寿命
スマートモードの典型的なシーン 3日 3日 1。5日
長いバッテリー寿命モード 14日間 14日間 14日間
HUAWEI WATCH 3Proのバッテリー寿命 スマートモードの典型的なシーン 5日間 5日間 2。5日
長いバッテリー寿命モード 21日 21日 21日
社会的コミュニケーション eSIMセルラー通話/データ(4Gフルネットコム)
Bluetooth通話
WLAN(2.4Gのみ)
ブロックされていない話 ○EMUI11.0以降を搭載したHuawei携帯電話 ×
ダイヤル容量 ダイナミック/アルバムウォッチフェイス
ビデオダイヤルDIY ×
ワンタッチダイヤル ○EMUI10.0以降のHuawei携帯電話(NFC)のみをサポート ×
ダイヤル市場 ○*
フィットネス 19のプロスポーツ(ランニング、サイクリング、スキーなど)
85のカスタムスポーツ(筋力トレーニング、スピニングなど)
自己認識を行使する(屋内ランニング/ウォーキング、屋外ランニング/ウォーキング、エリプティカルマシン/ローイングマシンを含む)
GPSトラック/トラックリターン
健康 心拍数/血中酸素/睡眠/ストレス/呼吸トレーニング
心臓の健康に関する研究(心房細動のスクリーニング/「期外収縮」のスクリーニング/睡眠時無呼吸) ○Huawei携帯電話のみをサポート ×
体温測定*
CGM血糖値テスト*
転倒検知&SOS ○SOSSMSはサポートされていません
手洗いテスト*
スマート機能 メッセージ通知/音声アシスタント/音声メモ
ネガティブワンスクリーン
ジェスチャ認識*
IoTコントロールセンター* ×
オーディオコントロールセンター* × ×
リモートで写真を撮る/ビデオを録画する × ×
Huawei Wallet 交通カード/アクセスカード/銀行カード ×
ネイティブ機能 携帯電話を探す
Huawei Music * ×
目覚まし時計/天気/ストップウォッチ/タイマー
時計アプリケーション市場
備考:        
1. iPhoneは無料のダイヤルのみをダウンロードでき、DIYビデオダイヤルはサポートしていません
。2。CGM血糖検出機能では、ユーザーがデバイスと連携するためにサードパーティのMiqiデバイスを購入する必要があります(特定のデバイスについてはサードパーティに相談してください)モデル)、時計アプリケーション市場でサポートアプリをダウンロード使用
3.体温測定/ CGM血糖検出/手洗い検出/ジェスチャー認識/ IoTコントロールセンター/オーディオコントロールセンター/ Huawei musicOTAアップグレード
4.異なる製品機能国によって多少の違いがある場合がありますので、製品の実際の機能をご参照ください

eSIM対応

esim

大々的にアピールされたeSIM対応ですが、今の所中国国内のサービスしか対応していないようです。※eu版含め
これを日本でやろうとすると結構乗り越えるものが多い気がします。

オーディオコントロールセンター

オーディオコントロール

こちらも発表会で大体的にアピールされていた、オーディオ制御機能。Huawei製IoT対応機種でのみ対応可能なようですね。今回のHarmonyOSはエコシステムそのものなので、これらを体験するには身の回りのものをHuawei製品で固める必要がありそう。

リモートシャッター

リモートシャッター

一般的なBluetoothシャッターでは無く、時計の画面にカメラ画面をミラーリングできる機能。かなり便利な機能ですがこちらもHarmonyOS限定です。

Huawei Pay

NFCを使った交通カードなどの機能ですが、これもおそらく中国限定。


自分がAndroidなので、その視点から見ましたが、iOSになると使えない機能も増えますね。こうやって見ると、機能的にはHarmonyOSを持っていないと最大限恩恵を受けられないのがわかります。

日本での発売はいつ?ていうか発売されるのか?

正直、中国版を買おうとしているのはチャレンジでしかありません。たぶん日本語入ってないでしょうし。それ以外にも大陸仕様な部分はいっぱいありそうです。
本当は日本版を買いたい所なんですが、まだ日本語のアナウンスはされていません。おそらく発売はされるんでしょうが、ちょっと気になるのがHarmonyOSという事。

今回のHuaweiWatch3は、HarmonyOS限定の機能もいくつかあります。そしてそれが“ウリ”でもあるわけです。
つまりHarmonyOSを搭載したスマートフォンが日本で公式に発売されていないと、HuaweiWatch3も新機能をセールスする事が出来ないという事だと思います。

そうなると、Mate40シリーズ・P50シリーズがっていう事になるんですが…この2つ本当に来るでしょうか?
一応制裁後もMate30・P40シリーズは日本で頑張って展開しましたが、今回のフラッグシップはちょっと懐疑的です。もし来るとなったらHuaweiWatch3シリーズも同時にとなるのが自然かなと。

ただそうなると、数ヶ月以内の調整はかなり厳しいと思いますので、日本での発売は今年後半~下手すりゃ来年っていうのもあり得るなと考えています。

←そんなに待てないので中国版買おうとしてる人

ガジェットニュースカテゴリの最新記事