GA-2100 カシオーク フルメタル化パーツ実際につけてみた。メタルベゼル/メタルバンド化 MetalBezel/MetalBand/Casio

GA-2100 カシオーク フルメタル化パーツ実際につけてみた。メタルベゼル/メタルバンド化 MetalBezel/MetalBand/Casio

以前記事にもしたGA-2100 通称カシオークのフルメタルパーツについてオクの方でゲット出来たので実際に取り付けてみました。
なかなか質感が良い。というかめちゃくちゃカッコいい。今年買ったもので今の所一番満足感が高いかもしれません。
これカシオが公式にやったとしたらフルメタルオリジン GMW-B5000と同様に爆売れするんじゃなかろうかという感じ。

写真メインでご紹介したいと思います。

今回購入したのはベゼルにビスがあるデザインのものです。本来のG-SHOCKロゴの入ったものをメタル化したVerもあるようです。
個人的には実はG-SHOCKっていう感じが良かったんでよりロイヤルオークに近いビスの入ったデザインにしました。ちなみにこのビズに関してはおそらく掘削で表現されたフェイクビスです。ベゼルのヘアラインとポリッシュ部分の対比が良い感じ。

横から。取り付けは本来のラバーベゼルを外し、かぶせてネジ止めするだけ。

ギラギラとしてるんだけど、デザインそのものはシンプルだからいやらしい感じにはならないと思います。
ちなみにベルトなんですが、自分が買ったものはプレーンなタイプですがメタルオリジンのように左右にドットのような模様が入ったVerもあるようです。
ベルトもめちゃくちゃ質感が高い。板巻のようなシャカシャカブレスではなく、しっかりと質感のあるブレスでこちらも良い感じ。

上から。やっぱGA-2100シリーズってフェイスがすごく整ってますよね。アナデジのコンビなのにこどもっぽくは見えない。あと全然関係ないんですがGA-2100って秒針無いって事にこないだ気が付きました(汗

質感いいねー。

裏側。ベルトはワンタッチタイプのもので外すのが非常に簡単。ただメタルブレスを取り付ける際は結構苦戦しました。
何かしらないけどうまくはまらない。というか、ピッタリすぎてうまくバネ棒が入らない。付いたと思っても実はバネ棒が穴に入っていなかったりしたんで、ちゃんと付いたかはしっかり確認が必要だと思います。

もともとかなり小ぶりなモデルなんで、メタルケース化してもちょうどよいサイズ感は変わらず。重さは4コマぐらい抜いてますけど結構あります。
高級感を感じる重さって感じでしょうか。

質感がめちゃくちゃ高く、その良さを伝えたくて写真メインでのレビューでした。いやーこれいいですよ。今の所Amazonでの取扱はまだない感じ。
でも、ぼちぼち中国の物流も回復してきてるのと、こんだけ質感高ければAmazonで割高でもよく売れそうなんでそのうち並ぶでしょうね。

ちなみに、Aliexpress等で購入する場合はベゼルとバンドのセットで10,000円ぐらい。送料が2~3,000円ぐらいとして13,000円ぐらいですね。
GA-2100自体がそれぐらいの値段するんで本体より高いじゃーん!って思うかもしれませんが、この見た目にクラっと来た人には絶対その期待は裏切らない完成度はあるんで、Aliexpressでの個人輸入もおすすめです。

旧タイプがアマゾンで購入可能になりました。