ANKER SoundCore Life P2 盲目的にANKERを信じてしまった結果。音量調節出来ませんでした。

ANKER SoundCore Life P2 盲目的にANKERを信じてしまった結果。音量調節出来ませんでした。

今回つくづく感じたんだけど、ANKERに対する自分の中での信頼度って高すぎないか?っていうお話で。

ていうかこれほとんどの人当てはまるでしょう。
「ANKERにハズレ無し」て思ってる人。素直に手を上げなさい。

今回、ANKER SoundCore Life P2という完全ワイヤレスのイヤフォンを購入したわけです。
んで、やっぱ基本的に凄く良い商品なんですよ。

基本的にすごい良い

ざっと上げると

  • IPX7相当の防水
  • イヤホン単体で7時間連続再生/ドック込だと40時間再生
  • 片耳ずつ使える
  • 音質が価格の割にクリア
  • USB-TypeC

こんな感じ。価格は5,000円程度で、完全ワイヤレスイヤホンとしては絶妙な価格。
でも一つだけどうしてもヤックデカルチャーな事があって

イヤホンで音量調節が出来ない

というのが本当に何故なのかがわからない。

防水だったり片耳ずつ使えたりとか、ユーザー目線でしっかり対応してくれてんのに
何故、「音量調節はいいか…」ってなってしまったのかが本当に理解が出来ない。

もちろん、音量調節出来る機種もあるっぽいんだけど
5,000円っていう価格設定でANKERブランドだったら絶対その機能あると思うじゃん?!

だって令和最新的なさくらレビュー満載のイヤホンでも単体調節は可能ってなってるの一杯あるし!

そんな感じの、盲目的にANKERへの信頼感があったせいでミスったっていうお話でした。